ウルフアロンの出身は新小岩だけど父親はアメリカ人?両親の画像をチェック!

Pocket

2018年の世界柔道選手権の男子100kg級に登場するウルフアロン選手。

2017年の世界選手権で金メダルを獲得したディフェンディングチャンピオンということで、2連覇に期待したいですね。

ウルフアロン選手はハーフということで、出身や両親にフォーカスして見ていこうと思います。

Sponsored Link

ウルフアロンのプロフィール

まずは簡単にウルフアロン選手のプロフィールを見ていきましょう。

  • 名前:ウルフアロン(Aaron Phillip Wolf)
  • 生年月日:1996年6月25日(22歳)
  • 出身:東京都葛飾区新小岩
  • 身長:181cm
  • 階級:100kg級
  • 得意技:大内刈

名前がまずかっこいいですよね。ファミリーネームがwolfということで狼と縁が深い家系なのでしょうか。気になりますね。

出身地が新小岩ということで、ジャンクスポーツに出演した際に言っていましたが、生まれも育ちも新小岩みたいですね。なので英語は全くしゃべれないようです。

英語のほうが実用性があると思いますが、柔道をすることを考えると日本語のほうがいいですね。

ウルフアロンの出身は新小岩だけど父親はアメリカ人?

ウルフアロン選手は新小岩出身ですが、両親はどんな人なのでしょうか。

父親はなんとアメリカ人で駒沢大学の講師のようです。おそらくウルフアロン選手が生まれたときから、日本で教えていたのではないでしょうか。

20年近く教えていたら日本語は上手になりますよね。ウルフアロン選手が英語をしゃべれないことを考えると、家族間では英語は使わないのではないでしょうか。

日本に住んでいたら、英語を使う必要はありませんよね。

ハーフということで、母親は日本人のようです。

Sponsored Link

ウルフアロンと両親の画像をチェック!

ネットで出回っている画像はこの2枚だけですね。あとは駒沢大学のホームページにウルフアロン選手の父親の画像が載っています。

https://www.komazawa-u.ac.jp/academics/teachers/globalmedia/globalmedia.html

父親はさすがアメリカ人という感じで体格がいいですね。ウルフアロン選手の体格の良さは父親譲りでしょう。

ウルフアロン選手は3人兄弟で次男のようですね。柔道の道に進んだのはウルフアロン選手だけだったようです。

最後に

以上、ウルフアロン選手の家族についてまとめました。

ウルフアロン選手は新小岩出身で、生まれたときから日本の生活で日本語しかしゃべれないようですが、恵まれた体格はアメリカ人の父の血を受け継いだようで、うまく柔道に活かせているのではないでしょうか。

2018年の世界柔道では2連覇に期待したいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA