根尾昂の読み方や両親の勤務病院は?頭がいいという噂も調査!

Pocket

大阪桐蔭の野球部に所属する根尾昂さん。

2018年夏の甲子園で投打に渡る活躍を見せ、優勝に大きく貢献しましたね。

そんな根尾選手ですが、ドラフト会議でも大きく注目が集まっています。

今回は根尾昂選手の読み方や両親の勤務病院、頭がいいという噂もあるのでその辺りを詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

根尾昂の読み方や由来は?

根尾昂選手の読み方について気なる人が多いようですが、フルネームで「ねおあきら」と読みます。

あきらを漢字にしたときに、一文字で表しただけでも、明、章、晶、彰、晃、昭などたくさんありますね。

その中で、昂(あきら)にはどんな意味が込められているのでしょうか。

昂という漢字には、高い、上がるなど上昇の意味があり、ご両親は、どんな時も前向きに、高みを目指してのぼってほしいという思いが込められているようです。

現在の根尾選手を象徴する言葉ですね。

昂はあきらの他にも、たかし、のぼるといった読み方があります。あきらが一番響きが良くて、根尾選手にぴったりだと思います。

根尾昂の両親の勤務病院は?

根尾選手を甲子園で活躍するまでに育てたご両親について気になるところですね。

特に彼らの勤務病院が知りたい方が多いようです。

まず、ご両親が医者であることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

親が医者だったら、自分も医者になり、後を継ぐ方が多いと思います。どういう経緯で野球の道を選んだのか気になりますね。

ご両親は自治医科大学の同級生で、現在は飛騨市宮川診療所(岐阜県)に勤務しているようです。

親が医者だと、健康や体調管理、筋肉のつけかたについてなど的確なアドバイスがもらえそうですね。

Sponsored Link

根尾昂は頭がいい!

根尾昂選手は、野球選手としての才能だけでなく、頭脳も兼ね備えているようです。

中学の成績はオール5で、高校時代も成績優秀者のクラスに所属していたというエピソードがあります。

すごいですね。まさに文武両道といったところでしょう。

親が自治医科大学(偏差値68)だけあって、頭がいいところはしっかり親の血を受け継いでいますね。

自頭がよくて頭の回転が速いところは、野球のプレーにも活かされていると思います。

最後に

以上、根尾昂選手の読み方、ご両親の勤務病院、頭がいいについてまとめました。

彼が、頭がよくて、回転が速いところは親譲りのようです。

プロになっても自身の漢字の意味が表すように、高い目標をもってのぼっていってほしいですね。

今後の根尾選手の活躍にも期待しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA