失敗は成功のもと!料理に失敗したときにどう改善するかグラタンを例に出して考えてみた

Pocket

料理初心者に限らず、誰でも思い通りにうまく作れないときはありますね。

上の写真は最近私が作ったグラタンです。見た目は美味しそうですが味はいまいちでした。

今回は美味しくグラタンを作るために、失敗から何を学び、どうすれば次は美味しく作れるか考えていこうと思います。

Sponsored Link

グラタン作りで失敗した原因を探り、解決策を考える

使用した主な材料(4人分)

  • 牛乳1000cc
  • 小麦粉大さじ6
  • 玉ねぎ
  • マッシュルーム
  • ベーコン

問題点1:ホワイトクリームがホワイトシチュー?

ホワイトクリームがシチューのように水分が多くなってしまい、とろみが足りなかったと感じています。だからホワイトクリームのベースとなる牛乳と小麦粉の分量を調整する必要があると思いました。

参考にしたレシピには、2人分で牛乳500cc、小麦粉大さじ3と書いてあったので4人分ではその二倍の牛乳1000cc、小麦粉大さじ6で良いと考えて作りました。

これで作ったら牛乳の割合が多くなり、シチューのようになってしまったということです。ですから、牛乳と小麦粉の割合が1:1か5:4ぐらいにしたらよかったのではないかと思いました。

ということで牛乳1000cc、小麦粉大さじ6→牛乳1000cc、小麦粉大さじ8~10に変更

問題点2:チーズに対してホワイトクリームが多い

グラタンの美味しいところはチーズの部分とホワイトクリームがうまく合ってこそだと思います。

ですが、今回作ったグラタンはチーズとホワイトクリームがの割合が1:10ぐらいで、表面だけがチーズでほとんどがホワイトクリームになってしまい、味に物足りなさを感じてしまいました。

なので、チーズとホワイトクリームが1:8になればよかった思います。

よって、ホワイトクリームは牛乳800cc、小麦粉大さじ6~8にさらに変更です。

問題点3:食感が物足りない

ホワイトクリームが水っぽかったのもありますが、具材ももう少し、食感があると良かったと思います。

なので、ベーコンの代わりに鶏もも肉、野菜にブロッコリーを加えても美味しくなると思いました。

Sponsored Link

次回のグラタンはうまく作れるように分量と食材を改善!

材料

  • 牛乳800cc
  • 小麦粉大さじ6~8
  • 玉ねぎ
  • マッシュルーム
  • 鶏もも肉
  • ブロッコリー

次回の材料が決まりました。分量や食材を少し変えるだけで大きく変わると思います。

次につながる料理の仕方

料理に失敗したときに、美味しくできなかったからといってそこで諦めるのではなくて、何がうまくいかなかったのか分析することが大切だと思います。

次に作るときに美味しくするためには、具体的に何を変えればよいか。今回は、味や食感の部分で物足りなさを感じたので、分量や食材を変えることにしました。もしかしたら、火加減に問題があったかもしれません。

正直何を変えることが正解なのかはわかりません。ですが、また失敗したらまた変えれば良いと思っています。

まとめ

グラタンを例に出して料理に失敗したときにどうするのが良いか考えてみました。

料理には正解がないと思うので、どうしたら美味しく作れるかその都度、改善を繰り返していくことで自分の理想の味に近づくと思います。

ですから、一回失敗したからといってそこで諦めずに何回もチャレンジしてみることですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA