高校の進路は理系と文系どっちがオススメ?進路がなかなか決まらない高校生へ現役大学生がアドバイス!

Pocket

高校生へ、大学受験に向けて自分の進路を考えたときにまず、理系にするか文系にするか選択が迫られると思います。

大学でやりたいことがある人は、それができる学部、理系文系を選べば良いと思います。

ですが、大学でやりたいことが決まっていないけど、とりあえず理系か文系か決めなくてはいけない方へ、私の高校時代の選択と、実際に大学に通ってどう決めるのが良いのかアドバイスできればと思います。

Sponsored Link

私の高校時代の選択

理系を選択

ちなみに私は高校2年生のときに、クラス編成の関係で理系にするか文系にするか迫られて理系を選択しました。

私自身、そのときは大学でやりたいことも決まっておらず、得意教科もなかったので、理系にするか文系にするか迷いました。

理系を選択した理由

  • 国語が苦手だった
  • 担任が化学の先生で理系を勧められた

私は中学から国語の苦手意識があり、読解問題や古文、漢文、どれも好きになれませんでした。だから国語が重要視されず、英語、数学、理科で勝負できる理系を選択しました。

また、担任の化学の先生が将来性を考えて理系を勧めました。自分の中でも理系のほうが仕事に困らないのかなと漠然としたイメージで最終的に理系に決めました。

苦手科目がない方を選ぶのはNG?

得意科目がない人の場合、苦手科目がない方を選ぶのはどうでしょうか。

私は国語が苦手だからという理由で理系を選択しましたが、そうではなくて、もっと広い選択肢の中で吟味して決めればよかったと思っています。

もし、理科が苦手だからという理由で文系を考えている方がいたとして、その人は理科の全範囲が嫌いで苦手意識があるのしょうか。

例えば、私が所属している建築学科は理科の中でも物理、その中でも力学の分野しか扱いません。なので、理科の中でも生物や化学において苦手意識がある人でも大丈夫です。

大学に行くとより専門的な分野を学びます。だから、案外自分が苦手としている分野は大学に入ったらあまり関係ないところもあるでしょう。

入試のときは全範囲勉強しなくてはいけなくて、自分の苦手とする単元も勉強しなくてはいけないと思います。ですが、自分が興味をもてる学科ならば、モチベーションをもって勉強できると思います。

Sponsored Link

文系、理系それぞれの学科を調べてみる

私は文系理系の選択のときに、それぞれにどのような学部学科があるかあまり調べませんでした。なのでもう少し調べて視野を広くしてから、決めればよかったと思います。

このときは文系は正直、経済とか商学とか経営とか、全部同じだと思っていました。理系も理学部と工学部に分けて理学部は実験や研究、工学部はものづくりのイメージしかありませんでした。

でも工学部の中でも建築と機械では全く違うので、イメージだけでなく、その学科で何を学べるのか、将来的にどのような仕事ができるのか調べてから決めたほうがいいと思います。

まだ自分のやりたいことが決まっていない方は、調べてみると興味のわく学科が見つかるかもしれません。

理系の学部に入って

理系のほうが忙しい?

私自身、理系の学部しか所属していないのでどちらが忙しいか比べることは難しいですが、理系のほうが学業を中心に大学生活を送ると思っていいでしょう。

私は3年間を通して、学校の授業と課題、アルバイトを両立するので精一杯でした。周りでも、サークルや部活動にも注力していた人は少なかったです。

おそらく、文系の方が授業外の時間が作りやすいと思います。理由は、座学の授業がメインで課題はレポート提出がある程度、理系のような実験課題や建築の設計課題といった授業外の時間も取られてしまうことはあまりないと思うからです。

理系は就職の選択肢が広い?

私自身就職活動をして理系のほうが選択肢が広いのではないかと思っています。というのは、理系だと技術職も営業職も志望可能ですが、文系の場合は技術職を志望することが難しい場合があります。

建築業界の場合、技術職は卒業後に2級建築士の志望資格がある建築系学科に所属している学生しか取らないところが多かったです。

ですから、学科ごとで卒業後にどのような資格が取得でき、どのような職種につけるのかも調べてみるといいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。まだ文系か理系か決まっていない高校生の参考になればと思います。

どうしても苦手な科目がない方など、消去法で選択してしまうかもしれません。私もそうでした。

でもそうではなくて、最初は選択肢を広げて、その中で自分が興味がある学科はないか、よく吟味してから理系か文系を決めると後悔しないと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA