面白いハリウッド映画5つの条件!年間20作品以上映画を観る大学生が考えてみた

Pocket

私は映画好きで、新作映画を一年で20作品以上観ます。その中で、面白いハリウッド映画の条件をまとめてみました。

映画のレビューを観る際や誰かに面白い映画を勧める際のポイントとして参考にしてみてください。

Sponsored Link

ストーリーがシンプルでわかりやすいか

どの物語にも起承転結がありますが、1時間半~2時間の中でどれくらいわかりやすく描かれているかが重要だと思います。

最初の場面設定や登場人物の紹介が複雑だとストーリーが進むにつれて登場人物同士の関係などが忘からなくなり、途中でストーリーについていけなくなってつまらないですよね。

最近ミッション・インポッシブルの最新作を観て、このシリーズは序盤でミッションの説明があるのですが、今回はその内容が複雑で一回観ただけではあまり理解できませんでした。

なので途中からストーリーについていけなくなり、ただ迫力あるアクションシーンを目で追っているだけになってしまいました。

ストーリーが複雑な映画や続編映画は、観る前に予習が必要だと思います。続編映画を観る人は、一作品目を観て予習するといいでしょう。また、一回観てわからなかったらもう一回観てみるのもいいと思います。

登場人物に感情移入できるか

ハリウッド映画はSF映画やアクション映画など非現実的場面が描かれる作品が多いので、非日常の中でどれくらい登場人物に感情移入できるかが重要だと思います。

登場人物の喜怒哀楽に共感できるとその作品が面白いといえるでしょう。

最近観たオデッセイは、火星で主人公が取り残されてしまうサバイバル映画ですが、自分が同じ立場だったら絶望で3日ももたないと思います。しかし、彼の楽観的で危機的状況を打開しようと模索している姿は興味深く、楽しめました。

Sponsored Link

いい意味で期待を裏切ってくるか

ハッピーエンドで終わることがわかっていても、どこかハラハラ・ドキドキする場面があると面白いと思います。

オリジナル作品は、結末までどうなるか予想がつかないことが多いですが、続編映画だと結末がある程度予想できる分、過程の部分で新しい要素があったり、期待を裏切る、予想とは異なる展開があると面白いですね。

最近のハリウッド映画はシーリーズものが多く、どうしても展開が予想できてしまうところが多い中で、期待を超えるものがあるといいですよね。

間延びしているシーンがないか

ハリウッド映画だとアクションシーンやビルの倒壊シーンなど手の混んだ場面が多いですが、無駄にそのシーンだけ長く感じることがあります。

確かに戦闘シーンやカーチェイスのシーンなど迫力がありますが、ストーリーを進める上で本当に必要か考えてほしいです。このシーンは長過ぎると感じてしまうと退屈ですよね。

悪役が魅力的に描かれているか

ヒーロー映画など悪役が登場する映画に限りますが、悪役がただ自分の欲望のために悪さをしてるだけではつまらないと思います。

だから、悪役の行動や価値観に共感できる部分があると、ヒーローには活躍してもらいたいという気持ちが高まるので映画自体が面白くなるはず。

また、悪役が強いほどヒーローが負けてしまうのではないかという緊張感が生まれ、展開が予想できなくなりますね。

ハッピーエンドで終わる映画が多い中で、悪役が弱かったり、魅力的でないと、期待を超えるものは得られず、結果として退屈な映画になりかねません。

まとめ

以上映画を頻繁に観る私が、面白いハリウッド映画の条件をまとめてみました。

この5つすべてを満たしている映画は少ないかもしれませんが、映画が娯楽である以上、私たちの潜在的欲求を満たしてくれる映画こそが面白い映画だと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA