ジェジュンは日本語検定受けたから上手に話せる?日本語曲も作詞経験あり?

Pocket

元東方神起のメンバーで現在はJYJのメンバーとして活動中のジェジュンさん。

最近は、日本のバラエティ番組でも頻繁に見るようになった彼ですが、日本語はどのように覚えたのでしょうか。

ネット上では日本語が上手と称賛する声が多い中で、ますます気になりますね。

なので今回は、ジェジュンさんがどのように日本語を覚えたのか、日本語検定を受けたのではないかという噂もあり、また、日本語曲の作詞経験もあるということなので、そのあたりを詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

ジェジュンは日本語検定を受けてた?

ジェジュンの流暢な日本語を聞くとしっかり日本語の勉強をしたのではないかと思いますね。

どうやら彼は日本語検定の勉強をしていたようです。

2017年3月に彼がインスタライブを配信中に日本語検定2級の教材が写り込んだみたいです。

日本語検定のレベルは、公式ページには1級が社会人レベル、2級は社会人、大学生レベルと書いてあります。2級を合格すると、大学の授業が理解できて、最低限のコミュニケーションは問題なくとれるということでしょうか。

ジェジュンさんがバラエティ番組に出る際の受け答えには、問題ないレベルですね。

音楽活動やバラエティ番組で忙しい中で、日本語の勉強もきちんとするところは素晴らしいですね。それだけ日本語が上手に話せるようになりたいという気持ちが強いのでしょう。

彼が検定を受けて、合格したという確かな情報はありません。

Sponsored Link

ジェジュンは日本語曲も作詞経験あり?

ジェジュンさんは自身で作詞作曲を手がけるようですが、日本語曲もどうやら彼が行うようです。彼が作詞した曲を見ていきましょう。

Just another girl

日本人ではないかと思わせるほど日本語が上手だと思います。日本語で作詞するのは話すより何倍も難しいと思いますが、それをやってしまうところは感心しますね。

他にも「love you more」「守ってあげる」「one kiss」「good morning night」など日本でライブをするのにあわせて、日本語バージョンもつくるみたいです。

ファンにとっては、彼が日本でコンサートをしてくれること、それに合わせて日本語の歌詞で歌ってくれることはこの上なく嬉しいのではないでしょうか。

最後に

以上、ジェジュンの日本語についてまとめました。

彼は、日本のファンの前で日本語バージョンで披露するため、バラエティ番組に出た際に、きちんとした日本語を話せるようにするため、日々努力しているということがわかりました。

それだけ日本を愛しているということではないでしょうか。

これからも、コンサートやバラエティ番組で彼の流暢な日本語が聞けることが楽しみですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA