森重樹一(ZIGGY)がアルコール依存症?現在の病気について調査!

Pocket

ロックバンドZIGGYのボーカル森重樹一さん。

2018年11月13日の仰天ニュースで自身のアルコール依存症について特集されるようです。

ということで今回は、森重さんが、現在どんな病気を抱えているのか、具体的にアルコール依存症についても詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

森重一樹のプロフィール

まずは簡単に森重さんのプロフィールを見ていきましょう。

https://www.rittor-music.co.jp/pickup/detail/14269/

  • 名前:森重樹一(もりしじゅいち)
  • 生年月日:1963年8月28日(55歳)
  • 出身:東京都
  • バンド名:ZIGGY
  • 担当:ボーカル
  • 活動開始:1984年

奇抜なフッションや音楽性はマイケル・モンローやエアロスミスのスティーブン・タイラーの影響が強いそうです。

少し前にスティーブン・タイラーのソロアルバムを聴いて、70歳とは思えない歌声に感動したそうです。55歳で自分より年上の偉大なアーティストを目標に頑張っているところはすごと思います。

森重さんは、1984年にZIGGYを結成し1984年にメジャーデビュー。アニメ「エルドラド」や映画「スピリット」の日本語版主題歌を担当。

2008年に無期限で活動を休止しましたが、2017年デビュー30周年を記念し再始動しています。

森重一樹はアルコール依存症?

森重さんは、10年ほど前までアルコール依存症だったそうです。

それまで25年間飲み続け、最後の方は24時間酔ってないと気がすまなくなってしまったみたいですね。それもあって、何かを決めるときは、酔った状態で直感で決めていたそうです。

バンドを休止するときもそうだったのでしょうか。

現在は代わりに、甘いものをよく食べるようになったそうです。最初に手を出したのがチョコレート。

糖分は集中力を高めてくれる効果はありますが、食べ過ぎには気をつけてほしいですね。

Sponsored Link

森重樹一の現在の病気は?

森重さんは8年前ぐらいから完全に断って、現在は一滴も飲まないようです。

現在は、定期的にジムに通い、ランニングやサイクリングなどをして、健康には気を使っているようです。

ですが、2018年6月に「名医のTHE太鼓判!」に出演した際に、頸動脈プラークが見つかり、脳梗塞や心不全の恐れを指摘されたそうです。

原因は糖分のとりすぎみたいですね。

その後の彼のブログを見る限り、あまりスイーツを写真に載せていませんが、甘い物の食べ過ぎには気をつけてほしいです。

最後に

以上、森重樹一さんのアルコール依存症と現在の病気についてまとめました。

過去は重度のアルコール中毒で、うつ病になるまでだったそうですが、ここ10年近くはお酒を断っているのはすごいと思います。

その代りに甘いもに手を出し始めて入るのが気になるところですが、バランスと取れた食事を心がけてほしいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA