田中真琴のキスシーンは何のドラマ?演技下手と言われる理由は?

Pocket

ファッションモデルの田中真琴さん。

モデルでありながらも、ドラマやミュージックビデオに出演するなど女優としての活動の場を広げている田中さんですが、ネットでは演技下手と言われているようです。

ということで今回は、彼女が演技下手と言われる理由を掘り下げるとともに、キスシーンについても詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

田中真琴のプロフィール

まずは簡単に田中さんのプロフィールを見ていきましょう。

  • 名前:田中真琴(たなかまこと)
  • 生年月日:1995年1月30日(23歳)
  • 出身:京都府
  • 血液型:AB型
  • 身長:160cm
  • デビュー:2014年
  • 学歴:佛教大学社会学部卒業

彼女は2014年にミス佛教大学でグランプリを受賞。それがきっかけでMVに出演するようになりました。

母親が静岡県磐田市出身でjリーグのジュビロ磐田のファンのようです。

田中真琴のキスシーンは何のドラマ?

田中真琴さんについて検索すると「田中真琴 キスシーン」というキーワードがヒットします。

彼女はモデルですが、女優としても活動しているということで、何のドラマか気になった方がいると思います。

ですが田中さんのキスシーンは、2016年に放送されたドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌のMVの中でのことだったようです。

その主題歌は感覚ピエロの「拝啓、いつかの君へ」

黒いワンピースを着ている女性が田中真琴さんですね。ちなみに金髪の女性は、同じくモデルの福田ユリヤさん。

当時はまだ無名だった田中さんですが、このミュージックビデオをきっかけに知られるようになったみたいですね。

Sponsored Link

田中真琴が演技下手と言われる理由は?

ネットでは、彼女の演技が下手と思っている方が少なからずいるようです。

田中さんはこれまでに、MVの出演が13作品、ドラマの出演が2作品とミュージックビデオに比べてドラマの本数が少ないですね。

彼女は2017年にドラマデビューしたということで、まだこれからだと思いますが、演技が下手だから出演が少ないのではないかと噂されています。

演技が下手と言われる理由は、彼女が出演したドラマ「きみが心に棲みついた」にあるようです。

同ドラマでは、田中さんが桐谷健太の後輩役を演じるのですが、演技が下手だと感じた視聴者はいたみたいですね。

顔はかわいいけど、喋り方や演技が下手という声があるようですね。

MVにはたくさん出演していることを考えると、演技には問題ないと思いますが、喋り方に好感を持てない視聴者がいたのではないでしょうか。

田中さんは舞台にも何本か出演していますが、それには高評価をしている人が多かったです。

「きみが心に棲みついた」のキャラクターと田中真琴さんの相性が悪かったかもしれないですね。

最後に

以上、田中真琴さんのキスシーンと演技が下手と言われる理由についてまとめした。

キスシーンは、感覚ピエロの「拝啓、いつかの君へ」のMVでのことでした。

また、演技が下手と言われる理由については、ドラマ「きみが心に棲みついた」のキャラクターと田中さんとの相性が悪かった可能性があります。

彼女の本業はモデルさんなので、ファッションモデルとしてこれからも活躍していってほしいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA