松本まりかの声嫌いな人多い!?カルテットの役柄や画像もチェック!

Pocket

女優で声優でもある松本まりかさん。

声のお仕事もされているということですが、彼女の声が嫌いという方が意外と多いようです。

今回はその辺りと、松本まりかさんが出演していたドラマ「カルテット」の役柄やそのときの画像も見ていこうと思います。

Sponsored Link

松本まりかはどんな声優?

松本さんが女優、声優、ナレーターとマルチに活動していることは知っている人はわりといるでしょう。ですが、彼女がどんな声優さんか、何の声の人かご存じない方は多いと思います。

なので、彼女の声優としての活動を見ていきましょう♪

ディアンシー/ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー

 

ムツキ・チハラノ/ファイナルファンタジー零式

リュック/ファイナルファンタジーⅩ、Ⅹ-Ⅱ

他にも蒼穹のファフナーの遠見真矢やシュガシュガルーンの加藤ショコラ、UN-GOの佐々風守の声も担当しています。

ここ最近は声優としての活動はあまりないようです。度々FF作品に出演しているので、今後も何かしらのキャラクターで出演があるといいですね。

松本まりかの声嫌いな人多い!?

声優もされているということで、女優としての演技だけでなく、声の評価もあると思います。ですが、松本まりかさんについて検索すると「声嫌い」というキーワードが出てきますね。

まずは、視聴者のコメントをいくつか見ていきましょう。

https://twitter.com/chappobadororon/status/1037316491719237632

彼女の声については、賛否両論あるようです。顔の好み同様、声にも好き嫌いは出てくると思いますので仕方ないでしょう。

アニメ声が嫌いな方は、耳障りで不快に感じるかもしれませんね。

アニメの中で成り立っている声でも、実写のドラマや映画で同じような声をされると、少し違和感に聞こえてくるかもしれないです。

上の劇場版ポケモンのディアンシーの声を聞く限り、とても可愛らしい声でハマっていると思います。

でも、ドラマや映画でもこの声だったら少し引いてしまいますね。

Sponsored Link

松本まりかのカルテットの役柄と画像は?

続いて、松本さんが出演したドラマ「カルテット」について見ていこうと思います。

カルテットとは?

カルテットは、松たか子さん主演のドラマで2017年1月期に放送されました。

カルテットとは弦楽四重奏のことで、主要キャラクター4名(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)のラブストーリー、サスペンスを描いた作品となっています。

原作などはなく、完全オリジナル作品ドラマです。

松たか子と木村拓哉は過去に熱愛があった?共演ドラマもチェック!

松本まりかのカルテットの役柄や画像は?

松本まりかさんはドラマ「カルテット」の最終話にゲスト出演しました。

気になる役柄は、大島絵茉(おおしまえま)。巻真紀(松たか子)がいない間のゲストとしてヴァイオリンの第一奏者で出演していました。

ドラマ「カルテット」では、スタントはなしで、全部本人たちが演奏しているようです。

なので、松本まりかさんも相当練習したのだと思います。俳優の方は、時間がかかりそうなところも短時間で習得してしまうのですごいですよね。

松本さんの趣味や経歴を見る限り、音楽経験はなかったようなので、ヴァイオリンを弾くのも初めてだったと思います。

ヴァイオリンを弾けるなんて羨ましいです。

最後に

以上、松本まりかさんの声とカルテットについてまとめました。

女優としてドラマや映画に出演しているだけでなく、声優としても活動していることがわかって頂けたでしょう。

声優さんということでどうしても「アニメ声」の印象が強くなり、それを実写で聞いたときに違和感に感じる人はいるでしょう。

また、ドラマ「カルテット」ではヴァイオリン奏者として最終話に出演しました。

今後も女優と声優、マルチに活躍する松本まりかさんに期待しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA