スパイクの小川暖奈がかわいい!モデル経験や芸人になったきっかけを調査

Pocket

お笑いスパイクのボケを担当する小川暖奈さん。

過去に吉本べっぴんランキングで1位に輝くほどの美貌の持ち主です。なので彼女に対してかわいいという声が多く、芸人になる前はモデルだったとの噂もあります。

今回はその辺りを含め、どうして芸人になったのかも調査していこうと思います!

Sponsored Link

スパイク小川暖奈のプロフィール

小川さんについて知らない方が多いと思うので、簡単に彼女のプロフィールを見ておきましょう。

  • 名前:小川暖奈(おがわはるな)
  • 生年月日:1990年2月7日(28歳)
  • 出身:愛知県
  • 身長:161cm
  • 体重:49kg
  • 愛称:小川ちゃん

冒頭にも述べましたが、2014年と2015年に吉本べっぴんランキングで1位を獲得しています。それまではアジアン馬場園さんが1位で殿堂入り。2016年以降はよしもと男前ブサイクランキングとともに廃止されています。

吉本坂46のメンバーでもあり、デビューシングルの「泣かせてくれよ」でトレンディエンジェルの斎藤司とWセンターを務めています。そのpvはこちら。

冒頭のシーンを見る限り、芸人には見えませんね。アーティストのような雰囲気があるます。芸人にならずに、こういう道も合ったのではと思ってしまいますね。

スパイクの小川暖奈がかわいい!

彼女に対してかわいいという声が多いので、何枚か画像を見てみましょう♪

すごいかわいいですね。画像だけ見たらモデルさんや女優さんに思えます。髪型は基本的に黒髪ロングで、最近は前髪ぱっつんが多いようです。

ですが、2枚目の写真のようなおでこを出すスタイルも大人っぽさがあり、綺麗だと思います。本当に芸人には見えませんね。

3枚目は、相方の松浦さんと並んでいる画像ですが、顔の印象が対照的で珍しいコンビですよね。

スパイク小川暖奈は芸人になる前はモデルだった?

モデルの雰囲気がある小川暖奈さんですが、芸人になる前はモデルをされていたのでしょうか。

厳密に言えば、芸人になる前にモデルだったわけではありません。

彼女は高校生の時からお笑い芸人を目指していたようで、高校生お笑いNo.1を決める「M-1甲子園」に出演しています。

また、東京nsc14期生ということで、養成所を経てお笑い芸人になっていることからも、最初からお笑い芸人を目指していたことがわかります。

ですが、芸能界に入って芸人として活動をする中で、見た目に注目が集まり、モデル活動もしていたみたいです。

彼女のインスタグラムを見ると、ファッション雑誌の1ページのような写真がありますね。

https://www.instagram.com/p/Bij6Gd6najj/?utm_source=ig_web_copy_link

こういう写真をみると、彼女が芸人さんであることを忘れてしまいます。本当に綺麗な方だと思います。

スパイク小川が芸人になった理由は?

これだけの美貌の持ち主だと、最初からモデルだったり女優さんを目指しても良かったのではと思ってしまいますね。

それだけに、小川さんが「芸人」になったきっかけが気になりますね。

 

先程も述べましたが、高校生の時に「m-1甲子園」に出演していることから学生の時から、お笑いが好きで自らやっていたことがわかります。

それに加えて、もともとよしもと新喜劇が好きで、母や祖母から吉本興業に入ることを勧められていたようです。

家族揃ってお笑い好きで、幼い頃から生活の中心にお笑いがあったのでしょうね。テレビを見たり、新喜劇を見た利する中で、お笑い芸人に憧れたのだと思います。

最後に

以上、スパイク小川暖奈さんについてまとめました。

モデルのようなかわいさがある方でしたが、幼い頃から芸人に憧れ、モデル活動は芸人になってからはじめました。

このくらいのかわいさがあると、自分の美貌を武器に活動したほうがいいのではと思ってしまいますが、それよりも芸人になりたいという想いが強かったのでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA