堂安律の読み方は?名前の由来は何?海外ではなんと呼ばれている?

Pocket

サッカー日本代表で現在オランダのフローニンゲンに所属する堂安律選手。

残念ながらロシアワールドカップには選考されませんでしたが、現在20歳の彼は、今後の日本代表を背負って立つ存在になるのではないでしょうか。

今回は彼の名前について、堂安律というのはフルネームで見ても珍しいと思うので、そのあたり詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

堂安律の読み方は?

出典:https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20180305/719183.html

堂安律で「どうあんりつ」と読むみたいです。そのままですね。

テレビでは堂安(どうあん)選手と呼ばれているようで、名前の律をなんと読むのか、気になった方が多いのではないでしょうか。名前の方も普通でしたね。

律という漢字は、他の名前の呼び方として「ただし」があるようです。また、律は他の漢字と組み合わせて、律生(りつき)、律太(りった)や律子(りつこ)、美律(みのり)のように男性の名前にも女性の名前にも使われるみたいですね。

堂安律の名前の由来は?

 

彼が律と名付けれた理由は明らかになっていません。

ですので、律という漢字には一般的にどういう意味が込められているのか見ていきましょう。

律は掟やきりつのイメージから「自分の規律に従って行動できる強い意志が持てるように」という願いが込められているようです。

また、旋律のように音楽のイメージから芸術を連想して、「創造性豊かな子に育ってほしい」というように考えることもできるみたいです。

堂安選手が二十歳で海外で躍動できているのも、強い意志を持って、クリエイティブな気持ちでサッカーをやっているからではないでしょうか。

Sponsored Link

堂安律の出身は?

彼はオランダに行く前は、ガンバ大阪でプレイしていたということで、大阪出身ではないかと思いましたが、違うようです。

彼は、兵庫県尼崎市出身です。

彼の名字の「堂安」も近畿に集中していて、兵庫県、大阪府、京都府、三重県、和歌山県にしかいないようです。全国に見ても珍しい苗字ということでしょう。

苗字と名前ともに珍しい漢字を持つ堂安選手は、ネットでは、韓国人?ベトナム人?という噂も出ていますが、単純に漢字が珍しいだけに純日本人でしょう。

堂安律は海外でなんと呼ばれている?

名前が珍しい堂安選手ですが、海外ではなんと呼ばれているのでしょう。

解説では「リツ ドウアン」とフルネームで呼ばれていますが、ファンの間では、「ドウアン」ではないでしょうか。ユニフォームのロゴが「DOAN」だったのでおそらくそう呼ばれていると思います。

最後に

以上、堂安律選手の名前についてまとめました。

まだ二十歳でこれからが期待できるサッカー選手だと思います。

より多くの人に堂安律という名前を覚えてもらえるように、これからもっと活躍してほしいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA