小園凌央の健康で文化的な最低限度の生活の役柄は?共演者との画像まとめ!

Pocket

2018年7月からのテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(略してケンカツ)に出演中の小園凌央(こぞのりょお)さん。

ヒロミさんと松本伊代さんの間に生まれた二世俳優としてご存知の方もいると思います。

現在22歳ということで若手俳優の小園さんですが、ドラマ「ケンカツ」を機に知名度がますます上がっていくのではないでしょうか。

今回はケンカツで小園凌央さんがどんな役を演じているのかまとめていこうと思います。

Sponsored Link

小園凌央の健康で文化的な最低限度の生活の役柄は?

小園凌央さんはケンカツでは、後藤大門役を演じています。

後藤大門は22歳のケースワーカーでメガネがトレードマークのいわゆる真面目系男子ですね。

五人組のケースワーカーの中であまり特徴が見られない普通の男子と言われながらも「ちょっと浮いている」不思議な存在感を出しているそうです。

特徴がないとドラマで忘れられる存在になりがちだと思うので、小園さんがどのように浮いている感じを出すかがポイントでしょう。

また後藤大門は22年間一度も彼女を作ったことがないけど、一般職のケースワーカーとして働く向井里香(西まりあ演じる)に片思いしているようで、そのあたりを小園さんがどのように演じているかにも注目ですね。

健康で文化的な最低限度の生活の共演者との画像まとめ!

https://www.instagram.com/p/BnlRT2bltOY/?hl=ja&tagged=%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%84

同期の5人組ケースワーカーですね。写真を見るとやっぱり小園さん演じる後藤大門が5人の中で一番真面目な感じがしますね。灰色のネクタも印象的です。

他の4人のケースワーカーを演じるのは、義経えみる役吉岡里帆さん、七条竜一役山田裕貴さん、栗橋千奈役川栄李奈さん、桃浜都役水上京香さんです。

とても楽しいそうですね。休憩時間はこのように共演者と写真を撮ったり、インスタライブをしたり、仲がよい雰囲気が伝わってきます。

オフショットを見ると、小園さんは山田裕貴さんと写っていることが多いと思いました。今回のドラマが初共演だと思いますが、二人は仲が良くなったのではないでしょうか。

Sponsored Link

最後に

以上、小園凌央さんのドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の役柄についてまとめました。

真面目系男子の後藤大門の雰囲気が少しでもわかってもらえたのではないでしょうか。

インスタグラムなどの画像を通して、共演者と仲が良さそうにしているところがわかると、見ている方は微笑ましく思えますね。

二世俳優と言われている小園さんですが、あまり気にせず、自分の武器をどんどん出していってほしいですね。

これからの彼の俳優としての動向に注目していきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA