竹内涼真のサッカーチームはヴェルディで同期は中島翔哉?ポジションや実力も調査!

Pocket

俳優の竹内涼真さん。

2018年11月16日の日本代表対ベネズエラ戦で、今勢いのある中島翔哉さんとスペシャル対談ということで注目が集まっていますね。

二人はチームメイトで同期だったという噂もあります。

竹内さんは俳優になる前、学生時代に東京ヴェルディのユースチームに所属していたようです。

ということで今回は、竹内涼真さんのサッカーにフォーカスして見ていこうと思います。

Sponsored Link

竹内涼真が在籍していたチームは東京ヴェルディ?

https://stat.ameba.jp/user_images/20100817/06/verdy-sagamihara/8c/fb/j/t02200391_0480085410697916697.jpg

竹内涼真さんは5歳でサッカーを始め、幼稚園から中学生までサッカースクール「ヴェルディサッカースクール相模原」に在籍していました。

小中学校で地元のサッカークラブや部活動に入らず、ユースチームに所属していたということで、相当の実力の持ち主であったことが想像できますね。

中学のときは同チームのキャプテンだったようです。

すごいですね。ユースで実力や才能がある人が集まる中で、彼らをまとめるキャプテンでもあったとは、このときはプロになることを考えていたのではないでしょうか。

竹内涼真のポジションは?

https://news.walkerplus.com/article/123816/685409_615.jpg

彼のポジションが気になるところですが、DFだったようです。

サイドバックなのか、センターバックだったのかはわかりませんでしたが、小中学生の頃から恵まれた体格だったようですから、センターバックで後ろからチームを引っ張っていく存在だったのではないでしょうか。

最後の壁として、ヘディングでばんばんボールを返していたところが想像できますね。

Sponsored Link

ヴェルディ時代の同期は中島翔哉?

https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2018/08/GettyImages-938928474-800×539.jpg

竹内さんが高校に上がるタイミングで、相模原ジュニアユースから東京ヴェルディユースに昇格。1学年下で中島翔哉選手がヴェルディユースに加わったようです。

ということで、2人は同期ではありませんが、先輩後輩関係で同じチームでプレーすることになったわけですね。

2018年3月に中島翔哉選手がウクライナ戦に出場した際に、ツイッターで応援コメントを残していました。

https://twitter.com/takeuchi_ryoma/status/978635933653155842

竹内さんの高校時代は、小中学生の頃とは打って変わって挫折に苦しんだ時期だったようです。Bチーム(二軍)の試合ですらほとんど出場機会がなく、ベンチを温めていたみたいですね。

全国のトップ選手が集まるチームで自分より実力や才能がある選手と多く出会ったのではないでしょうか。

ちなみに高校時代の同期は、杉本竜士選手(徳島ヴォルティス)、南秀仁選手(ベガルタ仙台)、舘野俊祐選手(FC大阪)、田中貴大選手(ブリオベッカ浦安)のようです。

同期を見ても、j2やJFL、社会人サッカーチームのクラブということで、本当に第一線で活躍するのは大変であることがわかりますね。

その後、竹内涼真さんはプロになることを諦めきれず、サッカー推薦で立正大学に進学します。ですが20歳のときに、大怪我をしてしまい、全力で走れない体になってしまったようです。

最後に

以上、竹内涼真さんのサッカーについてまとめました。

幼稚園から高校生までヴェルディのユースチームでプレイしていたようです。

相模原ジュニア時代は、チームのキャプテンを務めるなど、チームを牽引する存在でしたが、高校でヴェルディユースに入り、自分より才能がある選手に圧倒され、挫折を味わったようです。

ユースに入るぐらいですから、地元のサッカークラブに入る子よりは実力があったと思いますが、残念ながらプロのは届かなかったようですね。

挫折経験もあって現在俳優として第一線で活躍されているので、決して無駄な経験ではなかったと思います。

竹内さんなら今後、大きな壁にぶつかっても乗り越えられるでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA