藤山扇治郎の母の死因は何?スゴイと噂の家系図もチェック!

Pocket

歌舞伎役者の藤山扇治郎さん。

「松竹新喜劇」の座員で連続テレビ小説「まんぷく」にも出演し、今話題の歌舞伎俳優ですね。

今回は彼の母親の死因と家系図について詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

藤山扇治郎のプロフィール

 

  • 名前:藤山扇治郎(ふじやませんじろう)
  • 生年月日:1987年1月21日 (年齢31歳)
  • 出身地:京都府
  • 血液型:A型
  • 身長:163cm
  • 体重:52kg
  • 特技:日舞・小唄

2012年からは青年座映画放送に所属して昼ドラ「鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記」で初めて連続ドラマへのレギュラー出演。同じくレギュラー出演した昼ドラ『赤い糸の女』ではヒロイン三倉茉奈の恋人役を演じました。

2015年に咲くやこの花賞(演劇・舞踊部門)を受賞。

2017年5月公開の『家族はつらいよ2』で映画に初出演。2018年後期のNHK連続テレビ小説『まんぷく』で朝ドラ初出演を果たします。

舞台から、映画、ドラマと幅広いところで活躍が期待されている喜劇俳優です。

体が小さいことをデメリットと捉えず、それを笑いに変え、お客さんを喜ばすことができることは素晴らしいと思います。

藤山扇治郎の母の死因は心不全?

藤山扇治郎の母親は酒井美千留さん。2005年の1月28日に亡くなっております。

死因は心不全だそうです。当時42歳でした。

藤山扇治郎さんが18歳の誕生日を迎えたばかりです。

このときは、まだ学業に専念していたようで、母親の支えも大きかったのではないでしょうか。それだけに、自分の母親を失うことは、とてもつらかったと思います。

でも、そのときに今後の人生に絶望するのではなく、母親のためにも一生懸命生きるという気持ちがあったからここそ、松竹新喜劇の座員まで上り詰めたのではないでしょうか。

Sponsored Link

藤山扇治郎の家系図はスゴイ?

藤山扇治郎さんの祖父に当たるのがかの有名な大阪の松竹新喜劇の座長でもあり看板俳優だった藤山寛美

彼は藤山扇治郎さんが3歳のときに亡くなったので生前の記憶はなく、寛美の舞台は映像でしか見たことがないそうです。

藤山寛美には娘が5人にいましたが、長女と次女は母の前夫との子供で、寛美と結婚する際の連れ子です。

三女、四女、五女は寛美と血縁関係のある子どもであり、三女にあたるのが藤山直美。彼女は小学生になる前から子役として「吉本新喜劇」に出演していたそうです。

五女にあたるのが藤山扇治郎の母、酒井美千留ということになります。

こうみると藤山扇治郎さんが喜劇俳優としての素質はあった感じですね。ですが、松竹新喜劇の座員に上り詰めたのも、素質に恵まれながらも慢心せずに、努力し続けたからだと思います。

藤山扇治郎と北翔海莉が結婚!馴れ初めや共演をチェック!

まとめ

以上、藤山扇治郎さんについてまとめました。

彼が竹新喜劇の座員に上り詰めたのも、体が小さかったり、若くして母親を失ったという普通の人経験できないことがあったからこそ、それをバネにがんばれたのではないでしょうか。

確かに、家計からも喜劇俳優としての素質はあると思いますが、それに慢心せず、努力し続けたから今の彼があるのでしょう。

今後の彼の活躍にも期待ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA