下村脩(2008年ノーベル化学賞)の死因や病名は?過去に病気を患ったか調査!

Pocket

2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩さんが2018年10月21日に亡くなっていたことがわかりました。

ご冥福をお祈りします。

まだ、詳しい死因や病名については発表はありませんが、90歳で亡くなったということや過去に病気を患ったことがないか調査したいと思います。

Sponsored Link

下村脩が死去

まずは改めてニュースを確認しておきましょう。

2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩(おさむ)さんが死去した。90歳だった。(朝日新聞デジタル)

ノーベル化学賞 下村脩氏死去 | 2018/10/21(日) 17:30 – Yahoo!ニュース

第一報には、下村さんが90歳で亡くなったということしか記されておらず、詳しいいつ亡くなったのか、死因についても明らかになっていません。

下村脩の死因は?

ということで、ここからはあくまでも推測という形で下村さんの死因、病名について考察していこうと思います。

まず、2017年のデータによると、日本人のなくなる原因は多い順に、1位が悪性新生物。いわゆう癌ですね。2位は心疾患。心筋梗塞などの心臓の病気です。3位は肺炎になっています。

下村さんがこの3つに当てはまるかどうかはまだわかりませんが、90歳で亡くなったことを考えると、体内の器官が衰えたことが原因と言えるでしょう。

Sponsored Link

下村さんが過去に病気を患ったことはある?

下村さんが過去に病気を患っていたという記述はありませんでした。

ですが、彼は16歳の頃に原爆を体験したようです。

下村さんは1928年8月、京都府福知山市生まれ。父は陸軍の軍人だった。戦争に伴い、母の実家がある長崎県諫早市に移った。16歳の時、爆心地から約12キロ離れた同市の工場で勤労動員の作業中に原爆を体験した。

<下村脩さん死去>疎開の長崎で原爆の惨禍…平和訴え続けて(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

原爆症と言われる原爆の爆発によって引き起こされる放射線障害はありますが、爆心地から3.5km県内にいた人が認定されるようです。

発祥は被爆直後が多いようですが、10年、20年、70年以上たった現在でも新たに見つかるケースもあるようです。

下村さんの場合、爆心地から12km離れていて、90歳まで生き延びたことを考えると、被爆が原因で亡くなったと考えるのは難しいでしょう。

最後に

以上、下村脩さんの死因について考察しました。

ここ最近はメディアに取り上げられこともなく、死因についてはまだわからない状態です。分かり次第記述します。

下村さんが残した功績は、人類にとって大きな影響をもたらしたでしょう。

ご冥福をお祈りします。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA