sumikaのメンバーの年齢は?デビューはいつ、きっかけは?片岡健太が年齢より若く見える!

Pocket

2018年9月7日のミュージックステーションに初登場する4人組バンドのsumika。

今回はメンバーの年齢について、特に片岡健太が年齢より若く見えるということなので詳しく見ていこうと思います。

sumikaについて知らない方もいると思うので、デビューなど基本情報から見ていきましょう。

Sponsored Link

sumikaとは

  • 出身地:神奈川県
  • ジャンル:ロック、ポップ・ロック
  • 活動開始:2013年

sumikaはバンド形式を2つとっており、通常のバンド形態に加え、sumika [camp session]のアコースティックバンド形態があるようです。

さらに、ライブでは毎回ゲストを招き、音楽家以外にも映像作家、写真家、絵描き、建築家、彫刻家、陶芸家などの芸術家とともに作品を作っていくという方針をとっているみたいですね。

ファンにとっては、今までの音楽ライブとは違った体験ができて嬉しいのではないでしょうか。音楽と違うジャンルの芸術を組み合わせる言わばハイブリッドはどんな業界でも重要なキーワードだと思います。

sumikaのメンバーの年齢は?

デビューが2013年ということですが、彼らは現在何歳なんでしょう。メンバーのプロフィールと合わせて見ていこうと思います。

片岡健太

  • 名前:かたおかけんた
  • 生年月日:1985年9月30日(32歳
  • 担当:ギター、ボーカル、作詞作曲

写真からは年齢よりもさらに若く見えますよね。年齢不詳のアーティストでしょうか。髪型はマッシュで好みの方も多いと思います。

荒井智之

  • 名前:あらいともゆき
  • 生年月日:1982年12月30日(35歳
  • 担当:ドラム

グループ最年長のドラマー。幼少期にマリンバ教室に通っていて、そこにあったドラムに興味を持ったのがきっかけのようです。小さい頃から触っているのでは相当の腕があると思います。

黒田隼之介

  • 名前:くろだじゅんのすけ
  • 生年月日:1988年6月10日(30歳
  • 担当:ギター、コーラス

28歳の誕生日のときのツイートです。祝ってくれるメンバーの存在は大きいですね。天然パーマが特徴のようです。

小川貴之

  • 名前:おがわたかゆき
  • 生年月日:1989年12月22日(28歳
  • 担当:キーボード、コーラス

2014年より、sumikaのゲストメンバーとして活動に参加し、2015年に正式に加入したようです。

年齢がバラバラですね。荒井さんと小川さんでは7歳も離れているみたいです。デビューのときどういう集まりで結成されたか気になりますね。

Sponsored Link

sumikaの由来は?結成のきっかけは?

元々banbiというバンド名で片岡健太さん、黒田隼之介さん、荒井智之さんの3人は活動していたようですが、もうひとりいたベーシストの脱退とともに活動を休止。

後に、バンド名を「sumika」に変更して活動を再開しました。3人は神奈川県川崎市出身ということで、年齢は違えど地元で知り合った仲ですね。

sumikaは「住処」をローマ字表記したもので、片岡さんが高校時代に美術学科を先行していて、そのときに建築の間取りや図面を書くのが好きな彼は、「自分の家のような好きなもので囲まれた空間、落ち着く空間を音楽で共有できるように」という意味を込めてつけたそうです。

コンセプトがはっきりしていてわかりやすいですね。

まとめ

以上、メンバーの年齢を中心にsumikaについてまとめました。

デビューが2013年ということで、比較的新しいバンドだと思います。今回のミュージックステーションを機に活動の場を広げてほしいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA