Superflyは喉や心の病気で活動休止していた?体調不良の理由を調査!

Pocket

2018の紅白に出場するSuperfly。

FNS歌謡祭など年末の特番に出演機会が多くなり、彼女の歌声が聞ける機会が増えそうですね。

そんなSuperflyのボーカルを務める越智志帆さんは、過去に体調不良で音楽活動を休止しています。

噂では喉や心の病気ではないかということなので、今回は、活動休止理由について詳しく調査していこうと思います!

Sponsored Link

Superflyが体調不良で活動休止していた?

2016年にSuperfly越智志帆さんの喉の不調により、その年の夏フェス4公演をキャンセル、治療のため長期休養に入ることを発表しています。

6月頃より、喉の違和感を覚え、医師に相談して長期的な治療が必要ということで夏フェスはキャンセルしてたようです。

彼女は休養していたものの、その後、21thシングル「Good-bye 」や22thシングル「99」を発売するなど、休養前に収録が終わっていると思われる楽曲は発売されています。

ライブを復帰したのが2017年11月ですので、約1年半ほど活動休止したことになりますね。

Sponsored Link

体調不良の理由は喉と心の病気?

https://natalie.mu/music/news/279226

Superflyの病気の病名は?

越智さんは喉の違和感を訴え、休養しているので、彼女の喉に何かしらの炎症を起こしていたことは間違いないでしょう。

具体的な病名は明かされませんでしたが、ネット上では次のような病気が挙がりました。

  • 喉頭がん
  • 咽頭がん
  • 声帯ポリープ
  • 急性扁桃炎

過去にミュージシャンの坂本龍一さんが咽頭がん、音楽プロデューサーのつんくさんが喉頭がんであることを公表しています。

しかし、喉のがんの原因は声の使いすぎではなく、喫煙や飲酒のようです。また、がんの中でもこのがんは女性では1割しかいなく、圧倒的に男性が多いみたいです。

ということで、越智さんが癌の病気で休養していた可能性は低いと思われます。

https://more.hpplus.jp/odekake/o-news/38543

個人的に越智さんは、声帯ポリープだったのではないかと思いますね。

というのも、声帯ポリープは声帯がうまく閉じず、発声しにくくなる病気で、初期の症状として喉の奥の違和感が現れるからです。

また、この病気の原因は声の酷使で、歌手に多いということから、越智さんにも当てはまる病気だと思います。

Superflyは心の病気も抱えていた?

越智志帆さんは喉の病気に加えて、心の病気も抱えていたのではないかと言われています。

2015年に紅白初出場した辺りから音楽番組の出演、翌年の1月からアリーナツアーと一気に忙しくなり、いっぱいいっぱいになってしまったところがあっったようです。

喉の病気に名前が挙がっている急性扁桃炎は、疲労やストレスが原因で喉の免疫力が低下し、炎症を起こしてしまう病気です。

10年以上も歌い続ける志帆さんは、喉の耐性はできていると思うので、単純に声の酷使で炎症を起こしたというのは考えにくいかもしれません。

急に忙しくなって、疲労やストレスなど様々な要因が重なって喉を痛めた可能性が高いでしょう。

最後に

以上、Superflyのボーカル越智志帆さんの活動休止中の病気についてまとめました。

病名は明かされませんでしたが、歌手特有の声の酷使に加えて、疲労とストレスからくるの喉の免疫力の低下で喉の炎症を起こしたと言えるでしょう。

ファンの方は心配したと思いますが、こうしてアーティストとして復帰して本当に良かったと思います。

歌手にとって喉は生命線ですので、これからも無理をせず、頑張ってほしいですね!

Superflyが紅白2018で歌う曲&曲順は?すごい衣装やなぜ出場するかも調査!

2018年の紅白はどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA