佐藤健は偏差値67で頭がいい?高校時代や天才と言われる理由を調査!

Pocket

俳優の佐藤健さん。

最近は、連続テレビ小説「半分、青い。」や映画「いぬやしき」に主演するなど日本を代表する俳優と言っていいでしょう。

そんな佐藤健さんですが、「頭がいい」や「天才」といった声が多いようですね。

ということで、今回は佐藤健さんがどれくらい頭がいいのか学歴や過去のエピソードを元に天才と言われる理由について考えていきましょう。

Sponsored Link

佐藤健さんの学歴

まずは、佐藤健さんの出身高校や大学を見ていきましょう。

佐藤さんは、埼玉県出身で高校はなんと越谷北高校理数科偏差値は67~68

埼玉県の中でもトップレベルの県立高校で、東大、一橋、早慶といった難関大学合格者を多く輩出しているようです。

中学のときに相当勉強されたことでしょう。彼が頭がいいと言われる理由はわかりますね。

高校ではダンスで明け暮れる日々でほとんど勉強していなかったようです。高校2年生のときに原宿でスカウトされ、進学高校に通っていましたが、大学は進学せず、そのまま俳優としてデビューしました。

Sponsored Link

佐藤健が天才と言われる理由

仮面ライダー電王で単独では最年少俳優

佐藤健さんは2007年当時17歳で「仮面ライダー電王」で主演の仮面ライダー電王/野上良太郎役を演じました。

単独主演では歴代最年少です。また、電王はイマジンと呼ばれる7つの人格が憑依するたびに能力を発揮し、それぞれで性格やスタイルが変わります。

つまり佐藤さんは17歳でテレビ初主演を務めると、いきなり多重人格のような難しい役を演じてしまったのです。

すごいですね。これは天才と言ってよいのではないでしょうか。

天皇の料理番では語学と料理を習得

2015年4月に公開されたドラマ「天皇の料理番」では役作りのために語学と料理を習得したようです。

語学に関しては福井弁とフランス語の両方を勉強。

具体的な練習法については「テープをもらって一夜漬けみたいな感じで一気に覚えて、次の日の撮影に間に合うようにしていた」といい、「その2週間くらいの期間は、本当に大変でした」と告白。

佐藤健、仏語撮影に苦労「一夜漬けで一気に」 | ORICON NEWS

料理に関しては、半年前くらいから料理教室に通っていたようです。キャベツの千切りが普通の人よりも上達するレベルにはなったそうです。

まさに努力の天才ですね。役作りとはいえ、ここまでできる人は少ないでしょう。

「半分、青い。」と「義母と娘のブルース」で見せた演技力

2018年の9月までテレビ小説「半分、青い。」に出演し、同時期に放送されたドラマ「義母と娘のブルース」にも出演し、幅広い演技力に魅了された方も多かったようですね。

「半分、青い。」では、萩尾律でヒロイン鈴愛の幼なじみの容姿端麗、成績優秀なクールな役なのに対して、「義母と娘のブルース」では、仕事を転々とするダメ男を演じてました。

2つのドラマを見て「天才!」「別人みたい!」という声が多かったようです。

最後に

以上、佐藤健さんが「頭がいい」「天才」と言われる理由についてまとめました。

もともと自頭が良いと思いますが、それに加えて人一倍努力しているのだと思います。

仮面ライダー電王から10年経っても第一線で活躍されているのには、常に高い目標を持って、謙虚な気持ちでひたむき努力しているからでしょう。

佐藤健さんの今後の活躍にも期待しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA