岡本知高はジブリ曲「君をのせて」「時には昔の話を」をカバー?アルバムは何?

Pocket

クラシック音楽歌手でソプラニスタとして知られる岡本知高さん。


岡本さんは自身でシングルやアルバムを出すほか、カバーソングも歌うようで、今回は、彼のジブリ曲のカバーソングを中心に見ていこうと思います。
 
Sponsored Link

岡本知高のプロフィール

まずは岡本さんのプロフィールを簡単に見ていきましょう。

  • 名前:岡本知高(おかもとともたか)
  • 生年月日:1976年12月3日(41歳)
  • 出身:高知県
  • 学歴:国立音楽大学卒業
  • 職業:ソプラノ歌手
  • 活動開始:1998年

高知県出身ということですが、名前が「知高」なのは出身と縁が深いからでしょうか。

男性でありながら、女性音域を持つ男声サプラの歌手「ソプラニスタ」と呼ばれ、世界的に見ても稀な存在で、天性の男性ソプラノ歌手として高く評価されているようです。
 
彼の歌声を初めて聴くと、女性ではないかと疑ってしまうぐらい美しくて感動しますよね。

岡本知高はジブリ曲をカバー?アルバムは何?

 
岡本知高さんはジブリ曲を何曲かカバーしているようです。
 
彼は、「旅立ちの日に」というアルバムでジブリ曲では、天空の城ラピュタより「君をのせて」、紅の豚より「時には昔の話を」をカバーしています。
 
アルバムに関して詳しい情報は以下のリンクへどうぞ。試し聴きもできます。
 
 
このアルバムには、タイトルにあるように「旅立ちの日に(合唱バージョン)」やポケモン映画ミュウツーの逆襲より「風といっしょに」なども含まれていて懐かしい曲が聴けると思います。
 
彼の歌声を聴くと心が落ち着きますね。岡本さんの魅力が詰まったアルバムになっていると思います。是非チェックしてみてください。
 
Sponsored Link

その他カバーソングは?

ジブリ曲やアルバム「旅立ちの日に」含まれていないカバーソングは他にあるのでしょうか。

2009年に福山雅治さんの「道標」をカバーしています。
 
また、2014年にモーリス・ラヴェルの「ボレロ」をカバーし、「ボレロⅢ」と題して、フィギアスケートのメインテーマとして使われるようになりました。
 

フィギアスケートのオープニングで聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。

この声が岡本知高さんです。美しい歌声ですね。

最後に

以上、岡本知高さんのカバーソングについてまとめました。

岡本さんはジブリ曲では、「君をのせて」「時には昔の話を」をカバーしています。

また、フィギアスケートスケートのオープニングも担当し、彼の美しい歌声に魅了される方も多いと思います。

今後も様々なカバーソングを披露してほしいですね。

岡本知高さんの結婚やオネエ疑惑について知りたい方は下の記事も合わせてご覧下さい。

岡本知高はオネエで結婚してる?マツコデラックスに似てるか画像を比較!
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA