川村優希は悪性リンパ腫を患った?自身の病気がきっかけで医師に?

Pocket

医師でタレントの川村優希さん。

美人医師として話題になった川村さんですが、彼女自身も病気を抱えていたようです。

ですから今回は、川村優希さんの病気、悪性リンパ腫についてと彼女が医師になったきっかけについて詳しく見ていこうと思います。

Sponsored Link

川村優希のプロフィール

まずは簡単に川村さんのプロフィールを見ていきましょう。

  • 名前:川村優希(かわむらゆき)
  • 生年月日:1985年11月18日(32歳)
  • 出身:神奈川県
  • 血液型:O型
  • 学歴:横浜市立大学、東京大学大学院医学系研究科卒業
  • 事務所:セントフォース

人口上位2%の指数を持つMENSAの会員で、TOEIC965点、医師免許、暗算6段取得など優秀な頭脳の持ち主であることがわかりますね。

横浜市立大学に所属のときは、ミスコンにも選出されたようで、まさに才色兼備という言葉がぴったりな方ではないでしょうか。

川村優希は悪性リンパ腫だった?

川村さんは、18歳のときに悪性リンパ腫を患ったようです。自身のツイッターで述べています。

当時18歳ということで、大学を休学し、相当辛い思いをしたでしょう。

ステージ4の悪性リンパ腫ということで進行がかなり進んでいて大変な状況だったと思いますが、現在はこうして元気な姿でテレビに出られるようになって本当に良かったと思います。

年一回ほど定期診断があるようですが、過去に一度再発して、現在も再発の恐れがあるようでがんとは一生向き合わないといけないようです。

プロフィールからわかる華麗な経歴の裏には、重い病気を患った過去があったようですね。

現代において、健康でいられるのが当たり前になっていますが、いつ、どのような形で病気になるかわからないので、日頃から健康に対する意識を高くもって生活する必要があると思います。

Sponsored Link

川村優希は自身の病気がきっかけで医師に?

川村さんは、18歳のときに重い病気を患って、そこから医師になろうと思ったようです。

自身の経験を活かして、患者に勇気と希望与えられる存在になりたいという強い気持ちがあったみたいですね。

本当に素晴らしいと思います。自分は何のために生きているのか、世の中に対して何ができるのかよく考えている人でしょう。

彼女は自身のブログで次のようなことを語っています。

残念ながら一度失ってしまった健康は取り戻せないものです。

どんなに努力しても、たとえ自分が医者であっても。

その苦しみを理解しているからこそ、せめて予防できる病気や進行を防げる病気では辛い思いをする人が一人でも減ることを願いながら私は医師として診療を行っています。

CT検査の結果 | 川村優希オフィシャルブログ「川村優希の 優希100%なカルテ」Powered by Ameba

健康でいられることのありがたみを彼女が一番実感しているのではないでしょうか。だからこそ、自分ができることは、病気に対する予防や病気でつらい思いをする人が減るようにということが考えられるのでしょうね。

最後に

以上、川村優希さんが過去に患った悪性リンパ腫と医師になるきっかけについてまとめました。

華麗な経歴やテレビでタレントして活動している裏には、自身がつらい経験をしたというのがあったようですね。

彼女が医師としてテレビに出るようになったのも、自分が世の中に対してできることはなにかということをよく考えて、その想いを世間に伝えたいという気持ちが強くなったからではないでしょうか。

健康でいられることに感謝して、川村さんの今後の活躍にも期待しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA