羽生結弦の最新の身長体重は?高く見える理由や2017年から伸びたか調査!

Pocket

フィギュアスケートの羽生結弦選手。

オリンピックで2連覇を達成し、絶対的王者に君臨していますよね。精神面でも肉体面でも他の選手を寄せ付けない強さがあると思います。

今回は、そんな羽生結弦選手の身長体重にフォーカスして見ていこうと思います。

2017年より伸びたのか、また、スラッとしていて身長が高く見えるイメージですがその理由についても考察していこうと思います。

Sponsored Link

羽生結弦選手の最新の身長体重は?

羽生選手の身長は172cm。日本スケート連盟に記載されているものなので、公式な数値と言えるでしょう。

体重は57kg。平昌オリンピックのプロフィールに載っていたものです。

オリンピックから半年以上経っていますので、多少の体重の変化はあると思います。

57kgというのは平均体重からすると随分低い数値ですが、フィギュアスケート選手はこれぐらいが標準なのでしょうか。

羽生選手は去年は怪我があったので、今年は怪我をしないことが一つの目標だと思います。

怪我をしない体作りや演技にさらなる磨きをかけるために、筋力アップなどで体重の変化をつけてきている可能性はあるでしょう。

2017年から身長伸びた?

2017年の記事を見る限り、171cmと記載されているものが多いですね。

ということで、1cm伸びたということでしょう。羽生選手は現在23歳ということで、これ以上の身長の変化はないと思います。

ジャンプをしている姿をみると、もっと伸びる勢いを感じますね。

Sponsored Link

羽生結弦が身長高く見える理由は?

身長の数値を見て、想像より低いと感じた方が多いのではないでしょうか。

見た感じだと180cm近くあるイメージですよね。

彼が身長高く見える理由で一般的に言われているのは

  • 手足が長い
  • 顔が小さい
  • スラッとした細身の体型
  • 姿勢がいい

これに加えて、衣装の影響もあると思います。

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180216002543.html

股下が長く見える衣装だと足が長く見えて、それに伴い、身長も高く見えるでしょう。

あとは、羽生結弦選手のライバル宇野昌磨選手と並ぶと差が大きいからではないでしょうか。

https://biz-journal.jp/2018/02/post_22382.html

宇野選手は身長159cmということで、2人の身長差は13cmあります。

最後に

以上、羽生結弦選手の身長体重についてまとめました。

羽生選手は数値ではそこまで身長が高くありませんが、体型や衣装から高く見えるということでした。

2018年のグランプリシリーズも自分が納得行く形で結果が出るといいですね。

怪我には気をつけてこれからも頑張ってほしです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA